サイ トTOP   江戸と座敷鷹TOP

喜連川(きつれがわ) 喜連川藩  五七の桐
                 5000石(10万石格)
下野塩谷郡喜連川(栃木県さくら市喜連川) 
                         外様 陣屋

移封加減増履歴 ・文禄3年→下野喜連川3500石・慶長6年→4500石・寛政元年→5000石

江戸城詰席・無席(大名格) 子爵
上屋敷・下谷池之端
参勤・「国住まい勝手」の特権を与えられていたが、毎年12月に正賀のために参府していた
人口・全領地総計1198人、290軒
                                    天保14年(1843)現在
下総小弓城に居住し小弓御所と称したのが古河公方3代足利高基の弟義明である。その義明の子の頼純が当家藩祖の父にあたる。
一方、古河公方の嫡流である古河公方5代足利義氏は、男系の継嗣なく死没してしまうが、娘に氏姫がおり、豊臣秀吉は古河公方足利氏の名跡を遺すため、氏姫と頼純の長男国朝の縁組を命じる。当家が古河公方足利氏の嫡流を継ぐことになったわけだが、国朝が朝鮮の役出陣中に病没したことから、国朝の弟頼氏は後家となった氏姫を嫁として迎えることになった。

4代と12代は高家宮原家からの養子だが、この宮原家は古河公方4代足利晴氏の弟晴直の孫の宮原義照が家祖にあたる。
 

藩祖・頼氏(よりうじ)
喜連川(足利)頼純の次男 母は佐野晴綱の娘
生没・天正8年(1580)〜寛永7年(1630)
文禄3年(1594)兄国朝の遺領である下野喜連川3500石の相続を豊臣秀吉に願い出て許される、秀吉没後の関ヶ原の戦いでは参加せずも、戦後に戦勝を祝賀する使者を家康へ遣わし、慶長6年(1601)1000石を加増される
左馬頭(無位)
正室・古河公方足利義氏の娘氏姫
子女・義親(病没、正室は高田藩榊原康政の養女、嫡子尊信が2代を継ぐ)

2代・尊信(たかのぶ)
義親長男 母は高田藩榊原康政の養女
生没・元和5年(1619)〜承応2年(1653)
家督・寛永7年(1630)将軍秀忠の命により祖父頼氏の遺領を相続
慶安元年(1648)家中争論から隠居謹慎

右兵衛督(無位)
正室・那須資景の娘(那須藩初代藩主、4代続くが家中騒動から除封、名跡相続が許され交代寄合として存続)
子女・3代昭氏 氏信(昭氏養子)

3代・昭氏(あきうじ)
尊信長男 母は某氏
生没・寛永19年(1642)〜正徳3年(1713)
家督・慶安元年(1648)相続
左兵衛督(無位)
正室・尼崎藩松平忠倶の養女(織田信勝の娘、信勝は信長の弟信包の孫にあたる、柏原3万6000石を領したが慶安3年に無嗣除封となった)
子女・養子氏信(病没、2代尊信の次男)
養子氏春(4代) 女子→氏春室

4代・氏春(うじはる)
高家宮原義辰の次男 母は某氏
生没・寛文10年(1670)〜享保6年(1721)
家督・正徳4年(1714)
相続
左兵衛督(無位)
正室・昭氏の娘
子女・5代茂氏

5代・茂氏(しげうじ)
氏春長男 母は某氏 
生没・元禄13年(1700)〜明和4年(1767)
家督・享保6年
(1721)相続
左兵衛督(無位)
宝暦7年(1757)隠居
正室・尼崎藩松平忠喬の娘
継室・大洲藩加藤泰恒の娘
子女・6代氏連

6代・氏連(うじつら)
茂氏次男 母は某氏
生没・元文4年(1739)〜宝暦11年(1761)
家督・宝暦7年(1757)相続
右兵衛督(無位) 
正室・不詳
子女・養子恵氏(7代)

7代・恵氏(やすうじ)
大洲藩加藤泰衑の三男 母は某氏
生没・宝暦2年(1752)〜文政12年(1829)
家督・宝暦12年(1762)相続
左兵衛督(無位)
寛政元年(1789)隠居
正室・大聖寺藩前田利道の娘
子女・8代彭氏 女子→佐伯藩毛利高誠室

8代・彭氏(ちかうじ) 
恵氏長男 母は某氏 
生没・明和8年(1771)〜天保4年(1833)
家督・寛政元年(1789)相続、500石を加増され知行高5000石となる
左兵衛督(無位)
文政13年(1830)隠居
正室・高田藩榊原政永の娘

子女・暉氏 9代熙氏

9代・熙氏(ひろうじ
彭氏の子 母は某氏
生没・文化9年(1812)〜文久元年(1861)
家督・文政13年(1830)相続
左馬頭(無位)
正室・佐伯藩毛利高翰の娘

子女・養子宜氏(10代) 女子→宜氏室
養子紀氏(熊本藩細川斉護の六男)

10代・宜氏(よしうじ)
細川孝応の子 母は某氏 
生没・天保5年(1834)〜文久2年(1862)
家督・文久元年(1861)相続
左兵衛督(無位)
正室・熙氏の娘
子女・養子縄氏(11代)
11代・縄氏(つなうじ)
水戸藩徳川斉昭の子 母は某氏    
生没・天保15年(1844)〜明治7年(1874)
家督・文久2年(1862)相続
左馬頭(無位)
明治元年(1868)姓を「足利」に復す
明治2年(1869)隠居
正室・松前藩松前崇広の娘
子女・養子聡氏(12代) 於莵丸

12代・聡氏(さとうじ)
高家宮原方斎の子 母は某氏 
生没・安政4年(1857)〜明治9年(1876)
家督・明治2年(1869)相続
明治3年(1870)隠居
左馬頭(無位)
正室・不詳
子女・養子於莵丸(縄氏の子)